オフショア投資とアジアンバンク

オフショア投資

海外の金融商品を契約するオフショア投資は、利回りが高いなどのメリットがあります。
しかしメリットだけでなく、いくつか注意しておきたい点もあるのです。
オフショア投資はどのようなことに注意しないといけないのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

海外金融商品の注意点

まず国内の金融商品と比べれば、仲介会社を通さないと契約できないので手続きに手間がかかるという点が考えられます。
中には簡単な手続きで契約できる金融商品もあるので、どこと契約するのかが重要になってくれるでしょう。

そして海外の金融商品を取り扱っているため、商品の詳細がわかりにくい可能性があります。
ただ日本語翻訳されているオフショア投資のサイトであれば問題なく手続きできるので、どの会社に契約を相談するのか、しっかり検討しておきましょう。

他にも、途中解約した場合には手数料が発生するケースがあります。
契約した会社によりますが、長期的な投資を前提として高い利回りでのサービスが提供されているので、途中解約した場合は何らかのペナルティが発生する可能性があるので注意してください。
途中解約した場合のペナルティはどうなるのか、契約する前に確認しておきましょう。

海外の口座開設

また、オフショア投資は日本円ではなく、外貨での取引になるケースが多いので、そもそも海外での口座を開設しておく必要があります。
海外での口座開設が可能なところは多くありますが、今回「アジアンバンク(ASIAN BANK & CAPITAL TRUST)」について紹介してします。

アジアンバンクとは

アジアンバンクとは、アメリカでライセンス取得している信託銀行のです。
主に個人投資家向けにサービス展開しているオフィショア信託銀行とされ、日本語にも対応しています。
海外に口座開設でき、デビットカードを発行することも可能です。
スマホアプリでネットバンキングができたり、Bitcoin等の暗号資産もデポジットできます。

インターネットから申込&日本語IVAサポートも受けられるようなので、海外口座開設に興味があつ方は試してみてはいかがでしょうか。