Beauty Connection

新しい時代になるときというのは、必ず何かしらの新たな価値観が芽生えます。そのため、企業はその価値観を理解し、アプローチすることによって健全な経営展開が期待できるのです。そのため、そのような視点を持つ企業の存在を知ることが必要だと言われています。では、そのような視点を持っている企業の特徴にはどんなものがあるのでしょうか。

■Beauty Connectionについて

株式会社MTGがブランド展開しているBeauty Connectionは、体の外側だけでなく内側までも整えることによって、全身が美しくなるようなコンセプトを持っています。そのため、美容機器やスキンケアアイテム、エステなどを展開するビューティーサロンだけでなく、旬の果物を使ったフルコースによって栄養面で綺麗になるフルーツサロン、内側から作り出すメディカルサロン、一人一人の個性を引き出すことによって美を追求するヘアサロンなどを展開しています。

そんなBeauty Connectionの中でも、最も個性的だと言われているのがビューティージャーニーです。こちらは一人一人のライフスタイルに合わせてコンシェルジュが長期間徹底的に美のサポートを行うというものです。こちらはまずどのような自分になりたいのかを決め、そこからヘアアレンジなどの変化を体験します。そこからメイクや体のメンテナンス、ファッションなどのトータルコーディネートを経て、理想の自分にたどり着くのです。

■部門別採算制度について

企業の持っている経営システムというのは、その企業の心臓であり、脳だと言われることがあります。つまり、その企業を動かす上で最も大切なもののひとつだということです。そのため、株式会社MTGの経営システムも独特なものとなっています。全社員が経営に参画する「全員経営」を実現するグループ経営方式とはどのようなものなのでしょうか。

このグループ経営方式とは、組織を各収益部門に分けることで部門別採算制度を基盤とした運営にしているというものです。こうすることによってどの部門がどの程度重要なのかがしっかりと可視化されるため、社員に責任感が生まれるのです。特に、その部門のリーダーは責任重大で、企業の社長のような決断を迫られることがあります。重大な仕事だからこそやりがいが生まれ、社内でも大切なポストだと言われているのです。

■人の心にアプローチする企業

Beauty Connectionは株式会社MTGが運営しています。様々な美に関するポイントを押さえたサロンを展開しているため、人それぞれ異なる美の悩みにコミット出来ると評判なのです。そんな中でもビューティージャーニーは、その人専属のコンシェルジュを付けて、体の内面、外面、ファッションやヘアアレンジなどに至るまで徹底的なプロデュースを行います。そのため、理想の自分に近づけるのです。

このようなブランド展開を行っている株式会社MTGですが、こちらはグループ経営方式を推進しています。こちらは部門ごとに収益をハッキリと分けることによって、どの部門が重要なのかを分かりやすくしているのです。そのため、部門のリーダーは企業の社長のような視点を自然と持つことが出来ます。このような方式を採用しているため、時流に乗った経営が可能となるのです。